HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

昭和28年12月 宝来不動産株式会社として、不動産管理および不動産取引・金銭の貸付・保険代理の各業を目的に創業
昭和29年 1月 宝来不動産株式会社、貸金業および宅地建物取引業の資格を取得し両営業を開始
昭和37年 4月 宝来不動産株式会社より不動産業務の一部を分離
厚生土地建物株式会社を設立
昭和40年 5月 厚生土地建物株式会社、商号を日相不動産株式会社に改称
昭和40年11月 宝来不動産株式会社、商号をヤエス商事株式会社に改称、商事部門に進出
昭和41年 6月 ヤエス商事株式会社、ヤエス技工株式会社(現・陽光ビルME 株式会社)を設立し、ビル管理業を分離
昭和43年 3月 ヤエス商事株式会社、日相保険代行株式会社を設立し、保険代理業の一部を分離
昭和44年 5月 日相不動産株式会社、商号を株式会社陽銀興産に改称
ヤエス商事株式会社、商号を株式会社陽友に改称
昭和45年 5月 株式会社陽銀興産、賃貸ビル部門に進出
昭和47年 3月 株式会社陽銀興産、不動産仲介部門を主たる業務とした株式会社太陽ハウジングセンターを設立
昭和47年 8月 株式会社陽銀興産、新社屋完成本社移転
東京都中央区銀座7-14-16(現在地)
昭和48年10月 株式会社陽銀興産、商号を株式会社陽栄に改称
昭和48年10月 株式会社陽銀興産、宅地建物取引業建設大臣免許取得
昭和50年 6月 陽栄銀座ビル竣工
昭和52年 7月 株式会社陽栄、ギャラリー部門に進出
昭和59年 1月 株式会社陽友、社団法人リース事業協会会員として総合リース業に進出
平成 2年10月 さくら浦和ビル竣工
平成 3年 7月 株式会社太陽ハウジングセンター、大宮支店開設
平成 4年 1月 株式会社太陽ハウジングセンター、横浜支店開設
平成11年 7月 株式会社陽友、リース部門をさくらリース株式会社
(現・三井住友銀リース株式会社)に営業譲渡
平成11年10月 株式会社陽栄と株式会社太陽ハウジングセンターが合併し、総合不動産業を営む株式会社陽栄太陽ハウジングが発足
同時に八重洲事業部を設置
平成12年11月 株式会社陽栄太陽ハウジングから営業譲渡を受け株式会社陽栄ハウジングとして新発足
平成15年 9月 株式会社陽栄ハウジング、ビル事業部門が ISO9001:2000品質管理マネジメントシステム認証取得
平成16年 4月 株式会社陽友、株式会社陽和と合併
平成18年 4月 株式会社陽栄ハウジングと株式会社陽友が合併し、株式会社陽栄として新発足
平成18年 7月 八重洲事業部を本社(銀座)へ移転、大宮支店を廃止
平成19年11月 子会社株式会社ホテルサンルート池袋、ホテル部門を営業譲渡
平成22年 4月 子会社株式会社ワイオー・コーポレーション(旧社名ホテルサンルート池袋)を吸収合併
平成22年 6月 子会社株式会社陽栄エステートを吸収合併、ビル賃貸事業を集約
平成23年 4月 親会社株式会社陽栄ホールディングのビル管理事業を統合
平成27年 3月 横浜支店を廃止
平成27年 5月 宅地建物取引業東京都知事免許に免許替え

ページの先頭へ